高田崇史さんの『鬼神伝 鬼の巻』を読みました

講談社文庫より出版された高田崇史さんの『鬼神伝 鬼の巻』を読みました。

内容はネタバレにならない程度に書くと、主人公の少年がある日平安時代に飛ばされ、
「鬼」と貴族たち「人」が激しく争う世界に飛ばされるもので、非常にファンタジー色が強いです。
なぜ、突然このようなファンタジー小説をここで紹介しているのかと思われたかもしれません。
著者の高田さんはこれまでQEDシリーズ等サスペンスものを含め、鬼や河童等、古事記や地域の伝承等に登場する神々をテーマに巧妙にストーリーを組み立てられる方です。
単なる小説ではなく、読んでみて歴史の見方が変わる新たな視点を提供してくれるような、非常に興味深い考察や研究結果を披露され、大変面白くいつも読ませていただいています。
この小説は、それら考察の導入部もしくは、まとめのような内容で読みやすく感じました。
高田さんのこれまでの様々な小説で一貫して発信しているメッセージは、「鬼」というのは、朝廷に従わなかった本来日本に古来より住んでいた人々だということです。
坂上田村麻呂に敗れた阿弖流為(アテルイ)もそうですね。
こちらは、高橋克彦さんが書かれた『炎立つ』でご存知の方も多いかと思うお話です。
鬼神伝に印象に残るメッセージがありましたので、最後にここだけ整理して紹介させてください。
p180~1を改編
どうして節分には鬼に豆をぶつけるのか?どうして河童はキュウリばかりを食べているのか?どうしてテルテル坊主は軒先に吊るされているのか?どうして雛祭りで人形を飾るのか?どうして天邪鬼やおとろしの指は三本しかないのか?
きちんと調べればわかることなのに、私たちの時代の人たちは、誰も真剣に調べようとしていない。
だからこそ、自分で調べてほしい。答えが分かったら、たった一人きりでもいいから声をあげてくれ。
まとめるこんな内容のメッセージです。これまで、高田さんの本を読み続けてきて、このメッセージが一番ずしりと来ました。
以上私の書いたことで、興味を持たれた方がおられればぜひ高田さんの著書一読ください。
まず、鬼神伝、それでこの節分の話等の高田さんの考察を知りたければQEDシリーズ等を読んでいただきたい。
歴史の見方に、新しい次元が加わることは保証します。
『鬼神伝 神の巻』という続編があるのですが、講談社文庫で出版されるのを楽しみにしています。
ちなみに、この『鬼神伝』、アニメ映画が公開されていたのですね。知りませんでした。
なんと、声優陣がすごく豪華でびっくりです(笑)
すごく、観たいです(予告編URL貼りました)。
橋本圭司

『ストレスチェック制度Q&A』が公表されました

厚生労働省にて5月15日付で、

『ストレスチェック制度 Q&A』というものが公表されております。
内容の中で、特に疑問が多そうな箇所をピックアップしました。
Q1-1
法に基づく第一回のストレスチェックは、法施行後いつまでに何を実施すればいいのでしょうか。
平成 27 年 12 月 1 日の施行後、1 年以内(平成 28 年 11 月 30 日まで)に、ストレスチェックを実施する必要があります(結果通知や面接指導の実施までは含みません。)
Q1-3
当社は本社と事業所から成りますが、本社で一括して「事業者」として実施することは可能ですか。その場合、実施方法などについて事業所ごとに衛生委員会等での調査審議が必要でしょうか。
労働安全衛生法の他の規定と同様に、ストレスチェック制度の規定も、事業場ごとの適用となりますが、全社共通のルールを、全社の会議体で審議するなどして定め、それを各事業場に展開するというやり方も可能です。
ただし、法令の規定は事業場ごとの適用となりますので、全社共通のルールについても、各事業場の衛生委員会等において確認し、労働者に周知していただくとともに、事業場ごとに実施者や実施事務従事者が異なる、実施時期が異なるなど、全社で共通化できない内容がある場合は、それぞれの事業場ごとに衛生委員会等で調査審議の上、決めていただく必要があります。
また、実施状況についての労働基準監督署への報告も各事業場が、その事業場を管轄する労働基準監督署に対して行う必要があります。
Q1-8
在籍出向労働者のストレスチェックの実施については、出向元または出向先のいずれにおいて行うのでしょうか。また、集団分析はどうなるのでしょうか。
 A
ストレスチェックの実施は、労働契約関係のある事業者において行うこととなりま すが、在籍型出向の際に、出向先事業者と出向労働者の間に労働契約関係が存するか 否かは、労働関係の実態、即ち、指揮命令権、賃金の支払い等総合的に勘案して判断 することとされています。
このため、「在籍出向労働者」のストレスチェックを出向元で行うか、出向先で行う かについては、その実態を総合的に勘案して判断する必要があります。
なお、集団分析については、職場単位で実施することが重要であるため、在籍出向 の実態にかかわらず、出向先事業者において、出向者も含めてストレスチェックを実 施するとともに集団分析を実施することが望ましいです。
Q18-1
派遣労働者へのストレスチェックについて、例えば、ある派遣元と雇用契約を 結んでいる派遣労働者が 200 人おり、そのうち、ある派遣先事業場に 20 人が派遣され ており、その事業場には 20 人の派遣労働者と派遣先の正規職員 40 人の合わせて 60 人の従業員がいる場合、ストレスチェックの実施義務はどこにどのように生じるので しょうか。
派遣元がストレスチェックを実施する場合には、派遣元と雇用契約を結んでいる派遣労働者が 50 人以上いるかという点で判断するので、例えば 200 人いるということで あれば、何人をどこに派遣していようが、ストレスチェックを実施する義務が派遣元 に生じます。
また、派遣先事業者に労働者が 60 人(内 20 人が派遣労働者)という場合、正規の 労働者は 40 人しかいなくても、事業場の人数の数え方は派遣労働者を含めてカウント するため、そのような派遣先にはストレスチェックの実施義務があり、派遣先は 40 人 の正規労働者に対してストレスチェックを実施する義務が生じることになります。
なお、派遣先については、派遣労働者に対しストレスチェックを実施する義務はあ りませんが、派遣労働者 20 人に対してもストレスチェックを実施するとともに、職場 の集団ごとの集計・分析を実施することが望まれます。
その他多くのQ&Aがありますので、下記URLをご参照ください

軟酥の法

滝邸

昔々、徳川5代将軍・綱吉の世に、白隠禅師というかたが誕生しました。

「駿河には、すぎたるものが二つあり。一に富士山、二に原(禅師の誕生の地)の白隠。」と言われるほどの名僧で、臨済宗・中興の祖とも称されています。

彼は、幼い頃から修行に励み病を乗り越え、人生50年と言われた時代に、73才で「夜閑船話(やかんせんわ)」を執筆しました。

これは、禅の修行や自らの病の経験から白隠禅師が編み出した内観法(今で言うセルフヒーリング)のハウツー本で、当時のベストセラーとなりました。

ところで「軟酥の法」ですが、これは、前回に書きました「入浴セラピー」http://京都産業医.com/blog/%E5%85%A5%E6%B5%B4%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%94%E3%83%BC/にも少し通じるところがあります。

静かな部屋で目を閉じ、頭上に鶏の卵大の軟酥(バター)が載っているとイメージします。

その軟酥は、とても良い香りを放ちながら体温で溶け出し、まずは脳全体に浸みわたり、目、鼻、口、のどへと順に流れながら、背骨や五臓六腑にまで浸みこんでいくイメージをします。

そうして最終的には、その軟酥は、体中の凝りや痛み、心の苦しみなどのネガティブエネルギーを全て溶かし込み、体外へ流れ出していくとイメージします。

あとはスッキリ! 心も体も浄化されたと信じます!

江戸前期の昔に、こうしたイメージヒーリング法が流行していたなんて、面白いですね(^_^)♪

(橋本由美)

地産地消の美味しいワイン

最近、「このワインはすごいぞ!」というワインを見つけました。

滋賀県のヒトミワイナリーというところのワインです。

ブドウは、自家栽培のブドウか長野等のブドウ等国産で揃えているそうです。

ここのワインは、食物繊維や酵母をそのまま残す「にごりワイン」という形をとっています。

読んで字のごとく、色が濁っており、ラインナップの中には酸化防止剤を使用していないものもあります。

今日は、家族で滋賀にピクニックに行ったので、途中寄り道してワインとパン(パンも有名で多くの方が足を運ばれていました)を購入して帰りました。

ワインは二本。 ジュース感覚で飲める果肉感が素晴らしい甘口の酸化防止剤不使用ワインと、自家栽培ブドウ使用のワイン。 自家栽培ブドウワインは他のワインと比べて少々高めの値段設定でしたが、地産地消を応援している私としては、応援の気持ちも込めて購入させていただきました。

食材を購入する人の多くが、地産地消を意識した購買行動を取るようになれば、地域活性という点でも、新鮮で美味しい食材を食べれるという点でも大変有意義なことだと思います。

自分自身のお金の使い方が、社会を良くも悪くもする。

そのことは常に意識しておきたいことです。

ヒトミワイナリー

http://www.nigoriwine.jp/2011web/2011main.html

橋本圭司

 

『田舎のパン屋が見つけた 「腐る経済」』を読みました

渡邉 格さんという方の著書『田舎のパン屋が見つけた 「腐る経済」』
という本はとても素晴らしい本でした。
p22
「真っ当な”食”に正当な価格をつけて、それを求めている人にちゃんと届ける。それで世の中を少しでも真っ当な場所にしていこう」
との決意で、天然酵母のパン作りに励む著者が書かれた本です。
マルクスの「資本論」と酵母やパン作り、地域活性の話が非常に面白く組み合わされた特別な本だと思います
以下、私が印象に残り、かつ、この本の伝えたいメッセージの魅力がとても感じた箇所を一部抜粋します。
この内容を読んで、興味を持たれた方、面白い意見だと感じられた方、ぜひこの本を読んでみては如何でしょうか。
読めば本当に自分の価値観に何か変化があると思います。
韓国でもよく売れているとのことで、ドキュメンタリー作成の話もあるそうです。
p177
「利潤」ではなく、「循環」と「発酵」に焦点を当てた、「腐る経済」に挑んでいる。
p224
「人生はいっぱいの酒に如かず」。懸命に働いた後の美味しい食べ物と美味しい酒があれば、人は楽しく豊かに生きていけると思うのに、資本主義経済は、「腐らないおカネ」を増やすことに躍起になって、働くことと食べものをどんどん壊している。なんでこんなことになるのか?
 僕らは、自分たちが食べたいと思えるものを守りたくて、暮らしと仕事が一つになった人生を歩みたくて、パンという武器を取ったのだと思う。
p225
僕らの思いに共感してくれた人は、ぜひ、未来への一歩を踏み出してほしいと心から願う。できれば、田舎で僕らと同じ闘いに挑む人が増えてほしい。それに限らなくとも、自分の「内なる力」を高め、土や場をつくることに意識を向ける人が増えてほしい。
p226
場が整い、「菌」が育てば、食べ物は「発酵」へと向かう。それと同じで「小商い」や「職人」が育てば、経済も「発酵」へと向かう。
私たちは、自分たちの子どもの世代にどういった日本、地球を残したいか、一人ひとりがきちんと考えるべき問題だと強く感じます。
最後に、このパン屋のURL添付します。鳥取県に店舗を移動するそうで、現在はお休みしているそうですが、今後の活躍が楽しみです。
橋本圭司

一番ピンは何ですか?

突然ですが、ヨガと言ったらどのようなイメージを持たれているでしょうか。

美容や健康?
最近は、瞑想と精神的な安定等と答える方も増えてきていそうですね。
これらは、どれも正解です。
ヨガは呼吸に合わせてゆっくり動作を繰り返す有酸素運動なので、美容や健康にも効果はあると思います。
また、ヨガは「動く瞑想」とも言われています。
ここで私なりのヨガの意味をまとめたいと思います(インドやアメリカの著名な指導者の受け売りですけどね)。
ヨガとは
「呼吸や体の動作、感覚を通して心を整える」
ものです。
なぜいきなり心から入らないのか?
簡単です。 心をコントロールするのは大変難しいからです。
誰かに嫌なことをされたら、誰でも一瞬はカッとなりますよね。
当たり前です。 それが生きているということですから。
大切なのは、カッとなった後に落ち着きを取り戻すまでの過程をどれだけスムーズにできるかです。
それを訓練するのがヨガだと思っています。
心のコントロールが難しいなら、まず動作や呼吸の動きをしっかり意識の上に持ってきて、コントロールしようという発想です。
体と心は繋がっているからこそ、まずコントロールできるところからしっかり取り組むということです。
日々の生活や仕事も同じだと思います。 直接達成することが難しそうなことでも、まず変えられるところ、行動を起こせるところをしっかり見極めて着実にこなしていくことが大切だと考えています。
自動車メーカーであるマツダの藤原さんという方が
「本質を詰めることができれば、ボウリングの一番ピンを倒すように、次々と問題を解決することができる」
といったことを述べています(下記URL参照)
私は、この言葉もこれまで整理した内容と同じことを表現していると感じました。
皆様が取り組まれている課題の一番ピンは何でしょうか?
橋本圭司

入浴セラピー

カッパのお風呂

入浴をすることは、体を清潔にするだけはでなく、毛穴を開いてエクトプラズマを修復し、オーラを浄化するとされています。
つまり、垢や毛穴の汚れを洗い流すだけではなく、魂やオーラも綺麗にしてくれるのですね。

エッシェンシャルオイルや香りの良い入浴剤などを入れれば、アロマテラピーの癒やし効果もあります。

忙しい時にはついついシャワーだけで済ませがちですが、できれば週に何度かは、良い香りの入浴剤を入れたバスタブにゆっくりと浸かり、心身ともにデトックスして、いい運を引き寄せましょうね♪

(橋本由美)

「アレクサンドロス大王のゴルディオンの結び目」にみる目的設定の大切さ

かつてゴルディオンという王都に

「これを結び目を解くことができたものこそ、このアジアの王になるであろう」と予言されたゴルディオンの結び目というものがあった。

これは荷車を結び付けたもので、これまで結び目を解こうと何人もの人たちが挑んだが、結び目は決して解けることがなかった。

数百年の後、この地を遠征中のマケドニア王アレクサンドロスが訪れた。彼もその結び目に挑んだが、やはりなかなか解くことができなかった。すると大王は剣を持ち出し、その結び目を一刀両断に断ち切ってしまい、結ばれた轅はいとも簡単に解かれてしまった。折しも天空には雷鳴がとどろき、驚いた人々を前に、大王の従者のアリスタンドロスは「たったいま我が大王がかの結び目を解いた。雷鳴はゼウス神の祝福の証である」と宣言した。後にアレクサンダロスは遠征先で次々と勝利し、予言通りにアジアの王となったという。

これは、アッリアノス著の『アレクサンドロス大王東征記』第2巻3節を一部省略、編集したものです。 このゴルディアスの結び目を切るという英語が、「難題を一刀両断にする」という例えに使われているそうで、この伝承はアレクサンドロス大王の果断で英雄的な側面を意味するものというのが一般的な解釈かと思います。

ここで、少し見方を変えて、仕事や日々の生活で役立つ(?)ようにこの伝承を解釈したいと思います。

そもそもなぜ、アレクサンドロス大王は他の人たちと異なった思い切った行動ができたのでしょうか。なぜ大勢の人は、結び目を切ってしまえという発想に至らなかったのでしょうか。

私が考えるに、アレクサンドロス大王は目的とそこに至る方法を、明確に区分する能力に秀でていたのではないでしょうか。

最優先の目的は「結び目でくっついている荷車を離すこと」です。

大勢の人は、結び目はほどくものという先入観が先行して、どうやってほどくかということが、いつの間にか最優先の目的になっていたのです。

アレクサンドロス大王は、その点を見誤らずに本来の目的を明確に意識していたために、ほどけないなら切断すれば良いというストレートな発想ができたのではないでしょうか。

なぜなら信託に、「ただし、刃物で切断してはならぬ」という条件なんて一切つけられていませんからね。

荷車を離すだけなら、何でもありです。 切らないで焼き切るとかいうのもありです。

なんだ、そんな簡単なこと誰でも思いつくとも感じられるかもしれませんが、企業でも個人でも目的達成のための手段が、いつの間にか目的になっていることがよくあります。

例えば、お店の集客効果を高めるための広告活動が、いつの間にか、「ビラを何枚配ったか」、「一日で何件電話をかけたか」が目標となって一人歩きしていたりします。

もちろん、このような努力は大切です。 しかし、一番大切な集客という本来の目的にその行動が役立っているかを常に意識して、チェックできる仕組みや体制を整える工夫をしてこそではないでしょうか。

そうしたら、集客が目的なので、既に顧客となっている方にお願いして、お客さんを連れてきてもらう方が自分の店にはより効果的等別のアイデアが出る余地が増えます。

そうやって、本当の目的に常に焦点を当てながら、取れる行動の選択肢を広げてこそ、アレクサンドロス大王のような飛躍が期待できるのではないでしょうか。

ちなみに、ゴルディアスの結び目をテーマにした芸術作品を調べたら、ベ サンスンという方の絵を見つけました。

bae_sangsun_2011

ほどくのなんて無理そうです(笑)

実際はどのようなものだったのでしょうね。

 

橋本圭司

企業における統計分析と実務について

近年、ビックデータ分析等といった言葉が流行り、街の書店でも関連書籍や雑誌の特集記事がよく見られるようになりました。
それでは、これは最近出てきたものなのかというと、そういうものばかりではありません。
確かに、専門書ではサポートベクターマシン、ランダムフォレスト等といった、私が医学部にいたときでも聞いたことがなかったような難しい言葉の分析手法がよく紹介されています(しかも一般社会人を対象にしたビジネス用書籍にです!)。
こういった分析が盛んに取り上げられるようになったのは、過去と違いPOSデータやログデータといったものが全てコンピュータで大量に蓄積できるようになったこと、コンピュータの演算能力の著しい向上等の寄与が強いと思われます
これらの成果は、迷惑メールのふるい分けや、インターネットショッピングでの「あなたにオススメの商品」「これを購入した人はこれも購入しています」等といった機能に見られます。
このような分析手法が、統計の専門家ばかりが読むわけではないビジネス書籍に紹介されているわけですが、こういった書籍では理論的な説明等少し不足しているものが多い気がします。
分析手法の選択や結果のビジネスの場への適用は、企業の目指す目標や集計されたデータの性質といったものを総合的に鑑みて、段階的に進めるべきだと考えます。
例えば、会議で
「アソシエーション分析で信頼度と支持度を云々した結果、来週以降は商品の配置を変えたほうが良いと考えます」
と言われて、心から納得して
「ぜひやりましょう!」
とはならないのではないでしょうか。ほとんどの方が、狐につままれたような気持ちで釈然としないまま終わってしまうことが多いかと思います。
その結果は、分析した内容の中途半端な日常業務への落とし込みと非効果的な結果につながりかねません。
これと似たようなことは、私自身苦い経験としてあります。
そこから得た教訓として
「裏でどれだけ難しい分析をしても、表ではグラフや簡単な分析結果を通して示す。」
というものです。
そして、
「たくさんデータがあっても、その構造を見やすくして、現場の方と一緒に意味を解釈する。」
となります。
まずは、偏見なく腰を据えてデータの持つ意味に向き合うべきです。
これまで述べたような分析手法は、向き合った結果本当に必要な場合のみ検討すべきものです。
複雑なデータを紐解いて、営業の方にも、事務の方にも、企業で働くすべての方々が理解しやすい形で新しい見方、隠されたデータのパターンを示す。
そして、本当に納得していただいた上で、その結果を日々の実務に落とし込む。
これが様々な能力や背景を持つ人々の集まりである企業における統計分析で最も大事なことだと考えます。
加えて、このようなアプローチはアウトプットだけを見れば簡単な分析に見えますが、実は最も難しいことなのだと思います。
ですので、私自身これからも日々継続して研鑚する必要がありますし、今日より明日、明日より明後日と日々進化していく所存です。
今後とも、よろしくお願いいたします。
橋本圭司

高倉健さん遺作 映画「あなたへ」を見ました ネタバレ【要注意】

高倉健さん主演の映画「あなたへ」を見ました。

高倉健さんということでなにか懐かしいような気がしてWOWOWで録画してあったものを家内と一緒に見ました。

だいたいのあらすじは、高倉さん演じる刑務所の看守倉島英二が亡くなった妻倉島洋子(田中裕子)の遺言に従って、洋子の故郷平戸まで散骨の旅にでるというものです。

平戸の郵便局局留でしか受け取れない仕組みになっているもう一通の遺言状の存在が視聴者の興味を最後までつなぎます。

その遺言状ですが、結局、最後の方で「さようなら」としか書いていないということで、期待した割には、肩すかしのような結論ではあったのですが・・・。

(これは人それぞれに評価は分かれることと思いますが、私は、何か物足りない気持ちになりました)

要するに、映画のジャンルとして云うところのロードムービーということになります。
「ルート66」の老年バージョンといっていいかもしれません。

もうすっかりおじいさんが板についた高倉健さんの風貌といい、全篇通じて「年齢(とし)をとるとは」、「夫婦とは」、「人生とは」という重たいテーマがてんこ盛りです。

しかし、この映画の中では高倉健さんいたって元気です。

映画が封切られたのが2012年8月25日、高倉健さんが亡くなったのが2014年11月10日ですから、この映画を見る限り、実年齢は別としてまだまだ若過ぎる死のような気がしました。

この映画で共演している大滝秀治さんもこの映画の収録直後に亡くなっておられます。肺癌だったとのことです。また、高倉健さんと生前、親交があることで有名な愛川欽也さんも、つい先だって訃報を聞いています。

愛川欽也さんで思い出すのは菅原文太さんですが、菅原さんも、やはり先日亡くなりました。

愛川さん、菅原さん、高倉さんと、皆さん、高齢にもかかわらず晩年まで元気にされ、急に体調を崩して亡くなるというパターンだったとのことです。最後まで充実していたとも思えますし、ご本人としてはまだまだ志半ば、やりたいこともあったのにと思われたかもしれません。神ならぬ人にはどうすることもできない問題ではありますが、「三丁目の夕日」世代としては、まこと、さびしい限りです。

話しを戻します。

この映画の最後の方で、佐藤浩市さん演じる、主人公が旅の途中で「たまたま」知り合った「ふるさと弁当」の実演販売職人さん、実は以前は主人公の亡くなった奥さんの郷里である平戸で漁師をしていたのが、思わぬことで多額の借金を背負い、その借金を解消するために漁にでて遭難を装い保険金を家族に残した人であったことが最後になって(視聴者に)判明します。

びっくりするくらい面白くもないのですが、高倉健さんを懐古しながら見るのにはふさわしい、しっとりとした味のある良い映画だなと思ってみていたのですが、この脚本にはちょっとがっかりしました。

いくら映画だと思って、多少つじつまが合わいところがあっても、「まあ、固いこと云うな」と、頭の中の「ぶつくら細胞」を抑えこんで見ていたとしても、こんな「絶----対に!!! あり得ない」 話が出てきては、もう抑えきれたものではありません。

だって、散骨のため、亡き妻の郷里平戸に向けて富山をでて、京都の手前当たりで、たまたまパーキングエリアで車が故障したと言って弁当の実演販売の手伝いを頼んできた厚かましい男が草薙剛で、その相方の佐藤浩市が、目的地平戸で世話になることになる大衆食堂の女将の分けありの旦那だったなんて・・・。

そんなことが起こるなんて信じられますか?

「こんな偶然有るわけないよな」

と、隣で見ていた家内に言うと、喧々諤々、果ては、知り合いのペケペケ先生は浮気相手の彼女と行ったディズニーランドでご近所さんの一団に遭遇したけど、それはディズニーランドという人気スポットだから起こったような話で、こんな偶然の出会いなど絶対に起こるわけないなどと、いらん実例話まで飛び出して、せっかく、しんみりと締めくくりたい映画なのに、そんな感慨、吹っ飛んでしまうのではあります。

映画なんていうものは、大勢の人で作るのに、この映画を作る時、誰も、「こんな話はあり得ないから、脚本、変えた方がいいですよ」なんて、云わなかったのでしょうか?

監督か脚本家が怖い人で、言えなかったのでしょうか?

以前、リュック・ベッソンの映画で、地球の衛星軌道上にある宇宙ステーションの扉を開けて、そこから飛び降りてスカイダイビングで地球に戻ってくるという場面があった時も、「誰も(物理学的にこんな話あり得ないと)云わなかったの・・・?」と思ったものではあります。

リュック・ベッソンさんも、怖い人なのでしょうか?

このリュック・ベッソンさんの映画のこともそのうち書きますので、乞うご期待。