MECEの実現に関して

コンサルティングの分野で頻繁に言われるMECE(Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive)というキーワードがあります。

これは要するに、何かを分析・検討する際に「重複なく」「抜けなく」しましょうという意味です。

その一助となるのがマーケティングの4P(Product/Price/Place/Promotion)や、SWOT(Strengths/Weeknesses/Oppotunities/Threats)といったフレームワークとなります。

営業戦略や経営戦略に携わる方は、こうしたフレームワーク関連について学ぶ機会が多いでしょう。

「とりあえず、これらのフレームワークでやってみよう!」
という場合も多いかもしれませんが、その前に少し考えてみましょう。

この分析・検討結果がMECEであると、どうやったらわかるのでしょう。

そもそも、「ここからここまでの範囲の中で重複なく、抜けがないように」という、『考える範囲』を関係者が共有していなければ話しになりません。

意外とこの点が抜けたまま議論される場合が多いのです。

例えば、眼鏡販売店がSWOTで、自店舗の脅威になるものを検討した時に、ある人はライバル眼鏡店のみを見ており、実は他の人はレーシック等の視力矯正手術まで念頭に入れて議論しており、お互いにそのズレに気付いていない場合があります。(眼鏡そのものだけならそれほどズレないかもしれませんが)

インドには、盲目の方々が同じ一頭の象を触りながら、鼻を触った人が「樹の枝のようです」、足を触った人が「柱のようです」、耳を触った人が「扇のようです」等と答えたという寓話があります。

皆正しいのです。ただ、触っている部分が違う、そして全容を把握できないがゆえに食い違ってしまうのです。

それでは、皆が全容を共有することはできるのでしょうか。

それはできません。

人は性格も、価値観も、これまで歩んできた人生経験も全て異なります。家族間でも完全な共有は不可能です。そもそも同じ色を見て「赤」だと皆が言っても、実際に見ている色が同じかどうかはわかりません。

教育や文学で著名なジョージ・バーナード・ショウもこのことについて
「コミュニケーションにおける最大の問題は、それが達成されたという幻想である」
と述べています。

意思の完全な疎通は幻想です。

企業においても、関係者全員が完全に議論の結論や意図を、同じ質・内容で共有することは不可能です。

しかし、完全に一体となって共有することは不可能でも、手を取り合って同じ方向に向かい、ペースを合わせて進んでいくことは可能です。(イメージとしては二人三脚のようなものでしょうか)

そのためには、「そもそも、SWOTを今する理由はなんだろう」「この議論はなぜ開く必要があるのか」といったように、皆が何度も立ち返ることのできる機会を作る必要があります。

そして、これは本来コンサルタントに期待されている最も大きな役割なのです。

難しい分析を華々しく見せるだけで、実行する現場の人間が「それではどうすればいいの?」という状況で終わらせてしまうコンサルタントの在り方は、無責任ですね。

少なくとも、分析した結果を見せる際に、
「私は、今回の対象範囲はこのように定義しています。」
とMECEであるための、自分の考えている範囲をしっかり説明できないような場合は、関係者との認識を擦り合わせる機会がないまま話しが平行線になる可能性が高くなります。気を付けなければならないと考えています。

人生における人間関係も、これに通じるところがありますね。

橋本圭司

非専門家の役割

歴史学者ではなく小説家である近本洋一氏が著書「嵯峨野あやつり異聞」という小説にて、以下の様な面白い歴史解釈をしています。
京都盆地の西端にある化野念仏寺、そこにある賽の河原。
丁度反対の東端にある銀閣寺、そこにある銀沙灘。
賽の河原と銀砂灘を結んだ同緯度の線状に内裏がある。
応仁の乱で荒れている世の中で、銀閣寺に力を入れたのは足利義政。
銀閣寺の御堂は東求堂という名前。
名の元は六祖禅師の「東方のひと仏を念じて西方に生まれんことを求む、西方のひと仏を念じて何国に生まるるを求めん」という言葉。
義政はこれを新生への祈りと理解し、西の化野念仏寺の”死”に対応し、反対の東に”誕生”を準備すること。
賽の河原から、内裏、銀沙灘という関係を生み出すことで、死と誕生を循環させて都を蘇らせようとした。
 位置をGoogle Map を利用して示しました。左○が化野念仏寺で、御所を通って右端が銀閣寺です。ちなみに左大文字、大文字がそれぞれの寺の傍にあります。
化野念仏寺と銀閣寺の位置関係
足利義政の時代は、幕府の権威が地に落ちており、蝦夷(現在の北海道)を含めた全国で反乱が相次ぎます。京都で起きた長禄の土一揆は鎮圧できませんでした。
応仁の乱までこの時期のものです。
義政が神仏の力を頼ろうとしたとしても、当時の事情を考えると当然とも思えます。
もちろん、これは地図に基づいてはいるが、専門家ではない近本氏オリジナルのものです。何かしら、裏付けとなる資料等が発見されないかぎり、永遠に本流の歴史解釈にはなりません。
しかし、専門家で ないからこそ、その分野の常識にとらわれない自由な見方、行動ができるという事実が存在するということは非常に重要です。
実際に、日本の歴史常識を覆した事例さえ存在します。
それは岩宿遺跡です。
日本の旧石器時代の存在は、1946年に関東ローム層という地層からの石器発見で証明されました。
戦前までは、日本に旧石器時代があったというのは学術的に疑問視されており、発掘調査でも関東ローム層が出てきたら掘るのを止めていたのです。
このような状況で、関東ローム層を掘って歴史を覆したのは納豆の行商をしながら発掘を続けていたアマチュア研究家の相沢忠洋氏でした。
「私は専門家ではないから」「自分はその分野は詳しくない」
この一言で片付けず、多くのバックグラウンドや経験を持った人々が喧々諤々意見を交換し合い、前に進んでいける社会になっていければいいですね。
歴史調査だけではありません、企業でも社会でも一人ひとりの意見の発信はとても貴重で、聴く価値のある大きな意味を持つはずです。
私もそのような社会実現のために、微力ながら頑張っていきたいと思います。
橋本圭司

フェアトレードについて

フェアトレードという言葉をご存知でしょうか?
フェアトレードとは「発展途上国の貧しい生産者の自立を支援するために、あらかじめ定めた最低水準以上の価格で、長期に渡って買い上げることを保証する取り組み」です。
発展途上国の生産者は劣悪な労働条件で働かざるをえない事が多いため、家計が安定せず子どもを学校にも通わせられないといったことがよくあります。

ここで想像して頂きたいのですが、仮にあなたがそういった状況にいる生産者であったとして、自分と契約してくれる企業が、実際に働く前に家族で生活を営む上で十分な額の賃金を先に約束してくれたとしたら、とても生活設計が立てやすくなると思いませんか?

フェアトレードとはそのようなものだとイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

フェアトレード商品として国内で手に入れやすいのは、コーヒー豆かもしれません。

大手コーヒーショップにもフェアトレード品として販売されていますし。
フェアトレードのコーヒー豆は普通の豆より多少値が張りますが、有機栽培であったり生産方法にもこだわっているものが多くあります。

もちろんフェアトレード商品はコーヒー豆だけではなく、コットンなどなど様々なものがあります。私は以前東京に住んでいたため、たまに自由が丘にあるフェアトレード商品専門店のpeople treeというところに買い物に行きました。このお店はイギリス人の女性が日本で立ち上げたお店で、今ではイギリスに逆上陸したそうです。
最近、京都駅の地下にもこのお店は出店しています。

このような経済的弱者とされる層に、しっかりお金が回るような仕組みを作っていくかは、発展途上国だけの問題ではありません。日本を含む先進国にとっても非常に重要です。

数理エコノミストの逢沢明氏の著書「21世紀の経済学 失敗史の比較分析に学ぶ」(かんき出版)においてもこのことは明快に指摘されており、たった1%の富裕層よりも、99%の庶民が豊かになる方が、経済成長力がはるかに強力になると述べており、そのための政策等のあり方について著書で分析しています。

例えば、たった1%の富者が多くの買い物をするより、他の99%の人々が少しでも豊かになって、住宅ローンを組んで住宅を購入したり、レジャーにでかけたりする方が社会的なインパクトが大きそうだということは、なんとなく想像はつきませんか。

今後の経済成長を考える上では、こういった視点も非常に重要になってくるはずです。

橋本圭司

次世代自動車の開発競争について

本日、ホンダが水素を使用する新型燃料電池自動車「ClARITY FUEL CELL」を発表しました。

トヨタの「MIRAI」に続いて国内で販売される水素自動車です。

私が本拠としている京都にも、水素ステーションができたりと、少しずつ次世代の自動車が実現化しつつあります。

ガソリン等で動く自動車から、水素自動車なのか、または電気自動車か、もしくは両種類の自動車が共存するのか。

今後どのような方向に進んでいくのか。自動車業界は、この10年で大きな勢力図の塗替えが起こる可能性が高そうです。

電気自動車は国内外多くの企業が既に販売を開始しており、かつ新進気鋭の起業家イーロン・マスク率いるテスラモーター等電気自動車のみを将来性あるものだとして取り組んでいる企業もあります。

ただ、私個人は電気自動車は主流にはならず、どこかで頭打ちになるのではないかと考えています。

なぜかというと、もちろん日本の企業が牽引する水素自動車に頑張ってもらいたいという希望もありますが、大きな理由は以下のとおりです。

 

・国内外の車の多くが電気自動車になった場合、現在の発電量では賄えないのではないか。

・現行の充電方式だとフル充電するまで30分以上はかかる。ガソリンを5分で満タンにするのと比較すると利便性が悪い。

電気ステーションを考えても、一回の充電で数百円程度しか取れないはずなので、企業の進出も望みにくい。代案として各駐車スペース全てに充電設備を設けるとしても、莫大な費用がかかる。

・災害で停電が数日続くと、多くの自動車が電気自動車だと電源確保の課題が出てくる。

・夏や冬にエアコンを動かすと、環境によっては移動可能距離が大きく下がるはず。

 

もちろん水素自動車も、水素ステーション設立にはガソリンスタンドより厳しい規制があるようですし、全国に十分なステーションを確保する費用は莫大です。

かつ水素の生成にはやはり大きな電気使用量が発生するので課題はありますが、水素補給等現在の自動車と使い勝手は変わらないため、一般には受け入れやすいのではないでしょうか。

一方で、現在好調のマツダを牽引する人見光夫氏は著書「答えは必ずある」の中で、

(p.37)いまのインフラも活用でき、移動体のエネルギーとして最もふさわしい液体燃料を、いかに環境負荷を低減しながら作るかというところに、なぜもっとお金をかけないのか不思議

と言及して、既存のエンジンを進化させれば発電時の二酸化炭素を考慮した電気自動車並みの燃費を実現できるはずとしている。

また、エンジンの進化だけではなく微細藻類由来バイオ燃料も産学連携で研究が進められています。

このようなバイオ燃料を安定生産する技術が確立されれば、既存のガソリンスタンドで化石燃料によらず、かつ既存のエンジンで動かせるような燃料も有力な候補となると思われます。

今から10年20年後、どんな社会になっているのでしょうか。

どの企業が、現在の混沌とした次世代自動車開発のイニシアチブを取り、勝ち抜いているのか。非常に観察対象としても面白い分野だと思っています。

 

橋本圭司

 

パフォーマンスと心の関係

「心に因り気に因る者は未だしなり。心に因らず気に因らざる者も未だしなり。知りて知を有たず、慮って慮を有たず。ひそかに識りて骨と化し、骨と化して識る。」

これは日本最古の兵法書『闘戦経』の一節で、意味は
「心や気力に頼るだけでは不十分。心や気力に頼らない者でさえまだ不十分。知っただけでは忘れてしまい、思慮を重ねても長続きはしない。ひそかに識って(しって)骨とし、骨とかして識ることが大切」
というような感じでしょうか。
たゆまぬ鍛錬を通じて、自分でも気づかない間に成長していることが理想であり目指すべきという意味だと私は理解しています。
スポーツでもそうですが、鍛錬の結果意識しないでも自然と体が動くようになってこそ、初めて最高のパフォーマンスができるようになります。
それでは、このような骨と化して識るような域の相手と対戦することになったらどうしたらいいのでしょう。
2006年サッカーワールドカップの準々決勝アルゼンチンVSドイツの試合、白熱した試合の末PK戦にまでもつれ込みました。
ドイツのゴールキーパーであるイェンス・レーマンはある行動をします。
手に紙切れを持って、相手がシュートする前に必ずそれを見るのです。
内容は相手選手名とPKの傾向が簡単に記されてあったものなので、結果レーマンはシュート2本をブロックして勝利します。
メディアは、ドイツが勝てたのはレーマンのメモのおかげだとしましたが、ゲルト・ギーゲレンチャーは著書『賢く決めるリスク思考』(インターシフト出版)において、アルゼンチン選手がレーマンのメモの内容が気になり、シュートをどうすべきか意識的に考え始めた可能性が高く、パフォーマンスの低下に繋がったのではと指摘しています。
実際、さまざまな競技の一流選手を対象とした研究でも、選手は自分のしている動作に注意を向けたり長く考えすぎると、パフォーマンスが下がるということが示されているそうです(初心者は逆で、思考と時間と注意をたくさん費やすほうがうまくいきやすい)。
闘戦経の内容に戻ると、一流の相手と闘う場合は、骨と化しているものを無理矢理に意識上に引き釣り出してやるといいのかもしれません。
人間心理とは奥が深く、繊細なものなのだと改めて感じます。
参考までに、メモの実物が以下ページで見れますが、私には何が書いてあるか良く分かりません。
ただ、とてもシンプルな内容のようですね。

京都はカオス?京都駅と京都タワー

京都駅は、1997年に新しく建て直されまして、今年で18周年となります。

近未来的なデザインの建築は、古都・京都にはふさわしくないとの反対意見もありましたが、今ではもうすっかり京都の顔となっています。

駅

かく言う私も、最初はどうしても好きになれませんでしたが、今ではこの正面のミラー壁に映る京都タワーの姿が大好きになりました。

ミラー壁

その京都タワーも、1964年に建築されました当初は、ずいぶん物議をかもしたそうです。

当時は、高い建物もありませんでしたし、低く広がる瓦屋根を海に見立て、京の街を照らす灯台をイメージして設計されたのだそうです。

母なども、「最初は、なんて変なもの建てるんかと思うたわ。」と話します。そして今では、「よそから帰って来て、京都タワーの姿が見えると、あぁ帰って来たなぁと、ほっとするようになったわ。」と いつも言います。

タワー

ある調査によると、京都タワーは、京都を訪れる外国人観光客にとりまして、寺社仏閣以上の一番人気の記念写真スポットなのだそうです。

京都人は、保守的なようでいて、斬新なものをいち早く取り入れるという歴史があるようですね。

市電は、今はありませんが、1895年に日本最初の電気鉄道として開通しましたし、日本初の公立画学校は、1880年に設立されました。

その伝統の流れかどうか、2006年に、京都国際マンガミュージアムが開設されました時も、「こんなもん造ってもなぁ~」との声もありましたが、今や世界中のアニメ好きな若者のメッカとなっています。

面白いものですね。

昔、わが家にホームスティしていましたオーストラリアの人に、「京都はカオス」と、いつも言われまして、なかなかその意味がわかりませんでしたが、最近はようやく、「いい悪いではなく、確かにカオスやなぁ~」と、理解できるようになりました。

これからも、柔軟な感性を持って、この街を楽しんでいきたいものです。

(橋本由美)

ユニークな成果測定の事例

Airbnbというサイトがあります。個人の部屋・アパート・家を貸し出すことで、旅行者にはホテルの代わりを、貸し手(ホスト)は新しい収入源を得られるサービスです。

このサービスは2012年に世界で500万泊の予約を得るほど急成長したものですが、『LEAN ANALYTICS』(アリステア・クロール、ベンジャミン・ヨスコビッツ著)で紹介されている仮説⇒データ収集⇒成果測定の方法がとして面白いです。
まず、「プロの写真を使ったホストの方がビジネスがうまくいく」という仮説を立て、すばやくテストを行う。
その結果、プロの写真を載せた場合は宿泊予約数が平均よりも2~3倍多いことがわかったため、2011年頃からホストに提供する写真を20人のカメラマンに撮ってもらうことにした。
そして急成長。
という内容です。
分析は平均値を見るという非常にシンプルなものですが、「プロの写真家に撮ってもらった場合の予約数」を追いかけるという独創的な発想に基づく行動とデータ収集といった流れが非常にスムーズです。
この内容を読んで、闇雲にデータが既にあるから、もしくは世間でよく採られているからという理由でデータ収集の内容を決めて収集し難しい分析をする前に、自分の求めている成果(この場合は、いかに予約数を増やすか)という根元の大目的の部分をきちんと掘り下げて、そのためにどういう行動を取るか、そしてその成果をどのような数値で追いかけるか、新しい切り口がないかを日頃から意識することが大切なのだと再認識させていただきました。
airbnbのURL(日本語サイト)は下記となります。
https://www.airbnb.jp/
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
橋本圭司

一番ピンは何ですか?

突然ですが、ヨガと言ったらどのようなイメージを持たれているでしょうか。

美容や健康?
最近は、瞑想と精神的な安定等と答える方も増えてきていそうですね。
これらは、どれも正解です。
ヨガは呼吸に合わせてゆっくり動作を繰り返す有酸素運動なので、美容や健康にも効果はあると思います。
また、ヨガは「動く瞑想」とも言われています。
ここで私なりのヨガの意味をまとめたいと思います(インドやアメリカの著名な指導者の受け売りですけどね)。
ヨガとは
「呼吸や体の動作、感覚を通して心を整える」
ものです。
なぜいきなり心から入らないのか?
簡単です。 心をコントロールするのは大変難しいからです。
誰かに嫌なことをされたら、誰でも一瞬はカッとなりますよね。
当たり前です。 それが生きているということですから。
大切なのは、カッとなった後に落ち着きを取り戻すまでの過程をどれだけスムーズにできるかです。
それを訓練するのがヨガだと思っています。
心のコントロールが難しいなら、まず動作や呼吸の動きをしっかり意識の上に持ってきて、コントロールしようという発想です。
体と心は繋がっているからこそ、まずコントロールできるところからしっかり取り組むということです。
日々の生活や仕事も同じだと思います。 直接達成することが難しそうなことでも、まず変えられるところ、行動を起こせるところをしっかり見極めて着実にこなしていくことが大切だと考えています。
自動車メーカーであるマツダの藤原さんという方が
「本質を詰めることができれば、ボウリングの一番ピンを倒すように、次々と問題を解決することができる」
といったことを述べています(下記URL参照)
私は、この言葉もこれまで整理した内容と同じことを表現していると感じました。
皆様が取り組まれている課題の一番ピンは何でしょうか?
橋本圭司

「アレクサンドロス大王のゴルディオンの結び目」にみる目的設定の大切さ

かつてゴルディオンという王都に

「これを結び目を解くことができたものこそ、このアジアの王になるであろう」と予言されたゴルディオンの結び目というものがあった。

これは荷車を結び付けたもので、これまで結び目を解こうと何人もの人たちが挑んだが、結び目は決して解けることがなかった。

数百年の後、この地を遠征中のマケドニア王アレクサンドロスが訪れた。彼もその結び目に挑んだが、やはりなかなか解くことができなかった。すると大王は剣を持ち出し、その結び目を一刀両断に断ち切ってしまい、結ばれた轅はいとも簡単に解かれてしまった。折しも天空には雷鳴がとどろき、驚いた人々を前に、大王の従者のアリスタンドロスは「たったいま我が大王がかの結び目を解いた。雷鳴はゼウス神の祝福の証である」と宣言した。後にアレクサンダロスは遠征先で次々と勝利し、予言通りにアジアの王となったという。

これは、アッリアノス著の『アレクサンドロス大王東征記』第2巻3節を一部省略、編集したものです。 このゴルディアスの結び目を切るという英語が、「難題を一刀両断にする」という例えに使われているそうで、この伝承はアレクサンドロス大王の果断で英雄的な側面を意味するものというのが一般的な解釈かと思います。

ここで、少し見方を変えて、仕事や日々の生活で役立つ(?)ようにこの伝承を解釈したいと思います。

そもそもなぜ、アレクサンドロス大王は他の人たちと異なった思い切った行動ができたのでしょうか。なぜ大勢の人は、結び目を切ってしまえという発想に至らなかったのでしょうか。

私が考えるに、アレクサンドロス大王は目的とそこに至る方法を、明確に区分する能力に秀でていたのではないでしょうか。

最優先の目的は「結び目でくっついている荷車を離すこと」です。

大勢の人は、結び目はほどくものという先入観が先行して、どうやってほどくかということが、いつの間にか最優先の目的になっていたのです。

アレクサンドロス大王は、その点を見誤らずに本来の目的を明確に意識していたために、ほどけないなら切断すれば良いというストレートな発想ができたのではないでしょうか。

なぜなら信託に、「ただし、刃物で切断してはならぬ」という条件なんて一切つけられていませんからね。

荷車を離すだけなら、何でもありです。 切らないで焼き切るとかいうのもありです。

なんだ、そんな簡単なこと誰でも思いつくとも感じられるかもしれませんが、企業でも個人でも目的達成のための手段が、いつの間にか目的になっていることがよくあります。

例えば、お店の集客効果を高めるための広告活動が、いつの間にか、「ビラを何枚配ったか」、「一日で何件電話をかけたか」が目標となって一人歩きしていたりします。

もちろん、このような努力は大切です。 しかし、一番大切な集客という本来の目的にその行動が役立っているかを常に意識して、チェックできる仕組みや体制を整える工夫をしてこそではないでしょうか。

そうしたら、集客が目的なので、既に顧客となっている方にお願いして、お客さんを連れてきてもらう方が自分の店にはより効果的等別のアイデアが出る余地が増えます。

そうやって、本当の目的に常に焦点を当てながら、取れる行動の選択肢を広げてこそ、アレクサンドロス大王のような飛躍が期待できるのではないでしょうか。

ちなみに、ゴルディアスの結び目をテーマにした芸術作品を調べたら、ベ サンスンという方の絵を見つけました。

bae_sangsun_2011

ほどくのなんて無理そうです(笑)

実際はどのようなものだったのでしょうね。

 

橋本圭司

企業における統計分析と実務について

近年、ビックデータ分析等といった言葉が流行り、街の書店でも関連書籍や雑誌の特集記事がよく見られるようになりました。
それでは、これは最近出てきたものなのかというと、そういうものばかりではありません。
確かに、専門書ではサポートベクターマシン、ランダムフォレスト等といった、私が医学部にいたときでも聞いたことがなかったような難しい言葉の分析手法がよく紹介されています(しかも一般社会人を対象にしたビジネス用書籍にです!)。
こういった分析が盛んに取り上げられるようになったのは、過去と違いPOSデータやログデータといったものが全てコンピュータで大量に蓄積できるようになったこと、コンピュータの演算能力の著しい向上等の寄与が強いと思われます
これらの成果は、迷惑メールのふるい分けや、インターネットショッピングでの「あなたにオススメの商品」「これを購入した人はこれも購入しています」等といった機能に見られます。
このような分析手法が、統計の専門家ばかりが読むわけではないビジネス書籍に紹介されているわけですが、こういった書籍では理論的な説明等少し不足しているものが多い気がします。
分析手法の選択や結果のビジネスの場への適用は、企業の目指す目標や集計されたデータの性質といったものを総合的に鑑みて、段階的に進めるべきだと考えます。
例えば、会議で
「アソシエーション分析で信頼度と支持度を云々した結果、来週以降は商品の配置を変えたほうが良いと考えます」
と言われて、心から納得して
「ぜひやりましょう!」
とはならないのではないでしょうか。ほとんどの方が、狐につままれたような気持ちで釈然としないまま終わってしまうことが多いかと思います。
その結果は、分析した内容の中途半端な日常業務への落とし込みと非効果的な結果につながりかねません。
これと似たようなことは、私自身苦い経験としてあります。
そこから得た教訓として
「裏でどれだけ難しい分析をしても、表ではグラフや簡単な分析結果を通して示す。」
というものです。
そして、
「たくさんデータがあっても、その構造を見やすくして、現場の方と一緒に意味を解釈する。」
となります。
まずは、偏見なく腰を据えてデータの持つ意味に向き合うべきです。
これまで述べたような分析手法は、向き合った結果本当に必要な場合のみ検討すべきものです。
複雑なデータを紐解いて、営業の方にも、事務の方にも、企業で働くすべての方々が理解しやすい形で新しい見方、隠されたデータのパターンを示す。
そして、本当に納得していただいた上で、その結果を日々の実務に落とし込む。
これが様々な能力や背景を持つ人々の集まりである企業における統計分析で最も大事なことだと考えます。
加えて、このようなアプローチはアウトプットだけを見れば簡単な分析に見えますが、実は最も難しいことなのだと思います。
ですので、私自身これからも日々継続して研鑚する必要がありますし、今日より明日、明日より明後日と日々進化していく所存です。
今後とも、よろしくお願いいたします。
橋本圭司