他有の健康十訓

090627_1526~0001

時々目にする 「也有の健康十訓」は、江戸時代の俳人・横井也有が 記したものとされています。

ただ、当時 お肉やお砂糖を日常的に食する人は ほとんど無かったはずですし、車で移動するということも 特別な人が乗る牛車くらいしか無かったでしょうし、かねてから「いいこと書いてあるけど、何かなぁ~?」とは 思っていました。

先日、あるサイトを見て、疑問が解決しました。http://www.geocities.jp/haikunomori/yayu/y_10kun.html

とはいえ、誰が記したかはともかく、なるほどということばかりで よくまとまっていますので、時々読み返してみて 我が身を反省するのも良いかもしれませんね(^_^)。

也有の健康十訓

第一訓   少肉多菜(肉を少なく野菜を多く)

第二訓   少塩多酢(塩分少なく酢を多く)

第三訓   少糖多果(砂糖を少なく果物を多く)

第四訓   少食多咀(少量の食事をよく噛んで)

第五訓   少車多歩(なるべく車に乗らずに歩く)

第六訓   少衣多浴(薄着で日光に当たる)

第七訓   少煩多眠(心を痛めずよく眠る)

第八訓   少度多笑(なるべく怒らずよく笑う)

第九訓   少欲多施(自欲を持たず他人に尽くす)

第十訓   少言多行(言葉少なく実行する)

(橋本由美)