プライミング効果について

ある刺激を受けたとき、その影響でそれ以後の考え方や感じ方が変わることを『プライミング効果(呼び水効果)』と呼びます。

例えば、トロント大学の実験で
  1. 被験者にかつて自分が犯したと感じることや行為を思い出してもら
  2. 次に、半数の被験者に手を洗ってもらう
  3. その後に困っている大学院生のために、無償で実験に参加するかどうか質問
という実験の結果、手を洗わなかったグループは74%、洗ったグループは41%参加すると答えました。
手を洗ったグループは協力する気が少なかったのですね。
この結果を受けて、手を洗い流すという行為により罪悪感も洗い流したと無意識に感じているのではないかと考察されています。
更に、他の実験でも
  • バラバラになった文字を文章に復元するという実験で、「老い」を連想させる言葉を多く含む文章を復元したグループの方がそうでないグループよりも、廊下からエレベータまでの歩く速度が遅くなった。
というものもあります。
これらのことは、無意識がいかに周囲の環境や行動に影響を受けているかをよく示していると同時に、人々の行動や文化についても面白い視点を得られます。
 例えば、先ほどの水と罪悪感の繋がりの例、日本の神道の禊や神社の手水舎、キリスト教なら洗礼式等での聖水もこれにあたるのでしょうか。
 イチロー選手が毎打席必ず行うモーション等、一流スポーツ選手が必ず行う仕草もプライミング効果で説明できるように思います。勝負に臨む前に決まった動作、行動を行うことを取り入れることが、結果として日々のメンタルを整え、好不調に振り回されないようにできる体制を整えているのではないかと考えています。
 私たちが日常で取り入れるなら、毎朝少し瞑想するとか散歩するというのがあります。
 そうでなくとも、より簡単に、どんな場合(緊張を強いられる場合も含めて)でも、必ず人と会う前にコーヒーを一杯飲んで一息つくというのもありかもしれません。
ただ、プライミング効果というのは無意識でするからこそ効果があるのであるため、なかなか意識してしまうと効果は薄いそうです。
 単純に何か直前に迫った問題を解決するために始めるのではなく、気軽に気分転換のつもりで日常に取り入れられる些細なことから始めたらいいと思います。
橋本圭司