企業の視点での日本人論

モータージャーナリストの小沢さんとマツダの藤原常務という方のインタビュー記事が大変面白かったです。

会話の中で、日本人論のようなものもあり、以下のような内容でした。
僕が思う日本人のすごさは「すり合わせ」です。人と人がヒザをすり合わせて、顔を合わせて、こうしたいああしたいと議論ができるのは日本しかないんです。米国はトップダウン方式だし、ドイツは「私はコレ、次はコレ」と職人的にすべて決まっているんです。責任感ではないんです。
 逆になぜドイツ製品の出来がいいかというと、ドイツでは「ビッグサム」と呼ばれる人がいて、親指の意味なんですが、いわゆる職人、マイスターのことを指します。そのビッグサムが、最後の製造ラインでなんでも直すんです。メルセデスなどは特にそうで、ドイツのモノ作りはそれで成り立ってるんです。
 日本は開発や生産などのもっと前の段階で、人と人がすり合わせをして「こうしよう、ああしよう」と議論をしながら改善できる。これが日本の良さなんです。
日本とアメリカの違いは何となく予想がつきますが、ドイツは初めて知りました。
私の考えでは、このような「すり合わせ」文化の日本では、異質な考え・価値観の人間を「和を乱す者」として排斥する傾向が出がちなのではないか、「村八分」というのもそういう精神構造に起因するのではないかと考えています。
もちろん、西洋でも魔女狩り等ありましたが、そちらは宗教がらみで少し根本が違う気もします。
本来なら、きちんと研究しないといけないのですが、あくまで今日現在の仮説ということでお許しください。
藤原常務は、上記の会話の後、以下のように続けています。
日本人を単純に称賛するのではなく、かつ日本人としての特徴をうまく活かして活躍できる企業は作れると示唆する、大変前向きになれる内容でした。
そのときの目標の立て方どうのこうのじゃなくて、理想に向けてみんなで手を握って「こうしようね」とできる協調性にこそ、日本の強みがあるんです。目標が多少間違っていたとしても、それを日本人はみんなでなんとかしようとするんです。これがなくなると、たぶんダメなんです。
 それは自動車以外の家電でもスマートフォンでもみんなそうで、負けたところはすべてそこを無視したからです。実際、iPhoneは本来日本で造るべきだったと思いますよ。スティーブ・ジョブズもジョナサン・アイブスもミニマリストなんですよ。モノを削ぎ落とし、機能を削ぎ落として一番良い部分を残すのが得意で、それはもともと日本人が持っている日本的才能なんです。ジョブスは禅を大事にしていたでしょう? 結局、ジョブズがiPhoneのアイデアをソニーに持ってきたときに、それに食いつかなかったというのが問題です。食いついていれば今の状況はなかったと思います。
この記事、大変中身が濃く、他の会話の内容も興味深い内容でした。
元記事は下記URLになります。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20150518/1064522/
橋本圭司